023-688-6000

お問い合わせ

自然エネルギーの有効利用の研究

研究・開発 CHAPTER-D

自然エネルギーの有効利用の研究

帯水層の蓄熱利用研究

本社社屋の外観

帯水層蓄熱冷暖房システムとは、冬の寒さを地下に蓄えて半年後の夏に冷房の熱源として利用し、夏の暑さを地下に蓄えて半年後の冬に暖房及び消雪の熱源として利用するシステムです。
当社では、このシステムを昭和52年から本社屋で利用しており、昭和58年にはヒートポンプを設置し、各種研究データの収集を続けています。
平成21年度に環境省クールシティー事業で採択され改めて評価を行い、さらに平成23年度には環境省地球温暖化対策技術開発事業で採択されております。

NEDO事業 再生可能エネルギー熱利用技術開発委託事業

平成26年から国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の再生可能エネルギー熱利用技術開発委託事業に採択され、研究を継続しております。
帯水層蓄熱システムの導入コスト及びランニングコスト20%削減を目標に、秋田大学と産総研福島再生可能エネルギー研究所と「チーム東北」として、本システムの普及に向けた共同研究を実施しています。


特殊振動掘削機による井戸掘削

密閉型井戸構造

太陽光集熱器を用いた帯水層の温度回復実験

自噴井利用地中熱ヒートポンプ冷暖房システムの研究開発

自噴井利用の地中熱システム

自噴井を利用した地中熱ヒートポンプ冷暖房システムは、国立研究開発法人産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所「平成26年度被災地企業の技術シーズ支援プログラム」に採択され、共同研究を実施し、通常の地中熱システムよりも冷暖房効率が良いことが実証されました。今後も無散水消雪システムとのハイブリッド化など、各種研究データの収集を続けています。


福島営業所の研究施設


冷暖房稼働結果図(2014/8/10/1~2015/9/30)

地中熱有効利用の技術開発


地中熱のみ利用無散水消雪システム

※地中熱の採熱孔はソニックドリルで掘削

温度応答試験(TRT)

地中熱+ヒートポンプ利用無散水消雪システム

歩道設置のヒートポンプユニット

埋設放熱管による多機能舗装体の融雪挙動


低温実験室での融雪状況調査